【Apple製品レビュー】「AirPods Pro」2ヶ月間使ってみた感想

どうも、gosanです。

実は私、2ヶ月前にAppleのワイヤレスイヤホンである「AirPods Pro」を購入しました。

1年半前に紹介したSonyのワイヤレスイヤホンの調子が悪くなってしまったので今回購入を決断。

正直、「テレワーク環境になってるし、そんなに必要ないかもな…」とも思っていたので購入するのはかなり迷いました。

しかし、「テレワーク環境だからこそ買うべき!」と考え方が180度変わってしまうくらいには素晴らしいアイテムでした… !

早速、レビューしていきたいとおもいます。

今回は細かい使い方などは省略し、AirPods Proの良い点をメインに解説させていただきます。

開封

何はともあれまずは開封です。

化粧箱を開けるといつも通り製品とご対面。

充電ケーブルとコンパクトにまとめらたイヤーチップが同梱されていました。

うーん、高級感あります。

サクッと開封し、メリット解説へ。

メリットその1:ペアリングが超早くてストレスゼロ!

さすがApple製、ということでペアリング速度がめちゃくちゃに早いです。

これが一番のメリットです。

蓋を開けて、イヤホンを取り出した段階で自動的に接続されるので本当に取り付けるだけすぐに音楽を聴くことが可能。

これは本当に素晴らしい。iPhoneユーザーは全員AirPods買った方が良いと言えるくらいには良いです笑

というのも、以前はSonyのフルワイヤレスイヤホンを使っていたわけですが、結構ペアリングがうまくいかないことが多かったのです。

購入当初はかなり絶賛していたこのイヤホンですが、長期間使っていると少しずつ悪い点があったのです。

そのうちの一つが、装着した際にペアリングがうまくいかないことが往々にしてありました。

音楽を聴きたい!と思ってからタイムラグができるのでかなりストレスだったのです。

しかし、その点AirPods Proは本当にペアリングが早い。

音楽を聴きたいと思ったら本当にすぐに聴けるのでストレスゼロ。

このペアリング速度は他社製品ではなかなか実現できないでしょう。

ペアリング速度が早いと何が良いって、気軽にイヤホンを装着しようと思えるのが良いんです。

例えば、テレワーク環境だと意外と自宅の周りってうるさいときありますよね。

私の場合ですが、庭仕事をしているのか電動チェーンソーの駆動音が聞こえてきたりすることもあったりします…

そんなとき、すぐに装着して外音を遮断して集中モードに入れるのはすごく便利。

外がうるさくなくても自宅だと集中力が切れてしまうことがありますし、「ちょっと集中するかー」と外部の音を遮断して集中力を高めることもできます。

フルワイヤレスイヤホンもここまでくると有線イヤホンに引けをとらないレベルのシームレスさです。

とても大きなメリットだとおもいます。

その2:ノイズキャンセリング・アンビエントサウンドが高性能すぎる!

ノイズキャンセリングについては発売当時からの評判通り、本当に高性能です。

耳に装着した際に外音が遮断される瞬間はなかなかクセになります笑

真上に電車が通る高架線下でも普通に音楽を聴けるくらいには性能が高いです。

私はノイキャン大好きマンなので、この性能には文句なし。

そして、個人的にびっくりしたのはアンビエントサウンドの性能の高さ。

アンビエントサウンドとは外音取り込み機能のこと。

ノイズキャンセリングの逆の機能ですね。

人と話すときに便利な機能なわけですが、私はあまりアンビエントサウンドを信頼していませんでした。

またまたWF-SP700Nとの比較になってしまうのですが、アンビエントサウンドが正直微妙だったんです。

あまり外音を取り込んでくれず、コンビニなどでレジ対応してもらってる際に店員さんの声が聞こえなくて結局外すという意味のない機能と化していました笑

その点AirPods Proのアンビエントサウンドは高性能。

周囲の音がクリアに聞こえるようになります。

かなり積極的に取り込んでくれるので、音量が小さいと音楽がほぼ聞こえなくなるくらい笑

しかもAirPods Pro本体を長押しするだけで簡単に切り替わってくれるので本当に楽。

コンビニのレジ待ちしている最中はノイズキャンセリング、自分の番が回ってきたらアンビエントに切り替えということがスムーズに可能。

またまたWF-SP700Nとの比較になりますが、モードがノイズキャンセリングとアンビエントの2つで機能を絞っているのが良いです。

WF-SP700Nはノイズキャンセリングとアンビエントサウンドに比べてノーマルモードがありました。

一見、多機能でいいのでは?と思うかもしれませんが、1機能増えることでスイッチングするときの手間が増えるんです。

しかもアンビエントサウンドとノーマルモード時の聞こえ方が近いので「今何モードだっけ?」ともなりやすい。

機能は絞ってくれている方がユーザーからすると使いやすいですねやっぱり。

注意点:ケースが傷つきやすい

最後にちょっとした注意点を。

ケースが意外と傷つきやすいです。

カバンの中に放り込んでおくと、財布や鍵などの金具に当たって擦り傷がかなりできてしまいます。

私の場合、結構雑に取り扱っているのですでに薄い擦り傷ができています笑

大事に取り扱いたい、という方はカバー必須ですね。

まとめ

というわけで今更感ありますが、AirPods Proを買ってみたよというお話でした。

今のところ使用してまだ2ヶ月間ですが、満足度はかなり高いです。

気になるところは耐久性。

WF-SP700Nは当初はよかったのですが、充電がうまくできなくなったり接続が不安定だったりと劣化がすごかったので気になるところです。

AirPods Proも年度末くらいには再レビューしたいとはおもいますが、今のところは不調もなさそうで問題なさげではあります。

少なくとも買って後悔することは全くないです。

テレワーク環境でも十分に活躍する機会が多いAirPods Proなので、迷っている方へ最後の一押しができたら幸いです笑

以上、最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

よろしかったら、シェアをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。